ブレーキパッド
Brake Pad
W007&W008 セラミックカーボンローター専用ブレーキパッド
近年スポーツモデルには必要不可欠なブレーキシステムとして、セラミックカーボンローターは注目されています。ポルシェ(PCCB:ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ)をはじめ、フェラーリなどでいち早く採用されたCCM(カーボン・セラミック・マトリックス)は、日産GT-RスペックV(NCCB:ニッサン・カーボン・セラミック・ブレーキ)にも採用。バネ下重量の軽減はもちろん、安定したブレーキ性能を秘めている。その反面組み合わせている純正ブレーキパッドは高温時の連続走行において摩耗が早いなどの弱点もあり、サーキットを走る多くのユーザーは重たい鋳鉄ローターに交換しているのが現状である。当社はかセラミックカーボンローター用ブレーキパッドを2003年より開発に着手。高次元で性能を引き出すべくターゲットをサーキット走行に絞り開発を進めてきました。
F¥120,000(本体価格)
R¥100,000(本体価格)
純正パッドで起きていた熱ダレを徹底的に見直し、レースでも使用できるブレーキパッドとして「W-007」はサーキット走行専用として販売を開始する。
◆こんな人におすすめ
・サーキットを走るセラミックカーボンローター利用ユーザー
F¥120,000(本体価格)
R¥100,000(本体価格)
サーキット走行を楽しむユーザーで公道を走るナンバー付き車輛が圧倒的に多いことを考慮し、W-007から音鳴きやローター攻撃性を低減させた「W-008」をリリースしました。
◆こんな人におすすめ
・サーキットを走るセラミックカーボンローター利用ユーザー
・公道を走るナンバー付き車輛