SUPER耐久 2017 レースレポート
第5戦 13号車 富士スピードウェイ
[予選/9月2日(土)] 13号車 5位
Aドライバー/小河 諒…… 5位  PM 1:00〜(15分間)ドライ
Bドライバー/高橋 翼…… 6位  PM 1:40〜(15分間)ドライ
Cドライバー/花里祐弥…… 10位  PM 2:20〜(15分間)ドライ
Dドライバー/村田信博…… 6位  PM 2:45〜(15分間)ドライ
予選レポート
前戦のオートポリス終了時点で、ランキングトップの86号車との差は24ポイント。自力でチャンピオンを獲得するには、今回の富士で86号車より前でなおかつ2位以上が絶対条件。これができないと、この富士で連覇の夢は絶たれてしまうことになる。
ただ、厳しい状況はこの富士でも変わりなかった。今回はその差をわずかでも詰めるべく、サスペンションを見直して挑むことになった。

迎えた第5戦の富士ラウンドは、昨シーズンの9時間を上回る10時間レース。長丁場のレースだ。「わずかなミスなら取り返せる」と思われがちだが、それはトップのチームの話しで、現在の当チームのように追いかけるチームではミスは許されない。ミスがなくて完璧な展開でようやく対等に戦えるという状況だからだ。また、今回はレギュラードライバーの小河/高橋/花里に加え、昨シーズンまでステアリングを握っていた村田も加えた万全の体制で挑む。

Aドライバーによる予選1回目。小河はほぼ完璧なアタックを見せるが5番手に終わる。予想通り、トップに付けたのは86号車。当チームよりコンマ8秒速い。ポジション的にはこれまでと大きく変わらないが、マシンの状態などはいい。チャンスは十分にあるはずだ。
しかし、高橋が走るBドライバーの予選で、予想をはるかに超える走りをS2000が見せた。なんと、当チームの高橋よりも2秒以上も速く、86号車と比べても1秒も速いタイムを叩き出した。もちろん、これまでも十分に速かったS2000だが、今回は大きな存在になるのは必死だった。結局、A+Bドライバーの合算タイムで決まる総合順位は5番手。ここまで3連続ポールだった86号車が2番手に終わったため、この時点でランキングポイントが引き離されることはなくなった。
[決勝/9月3日(日)] 13号車 4位
AM 7:58スタート 10時間レース(PM 5:59チェッカー)ドライコンディション
決勝レポート
10時間となった決勝レース。昨シーズン同様、セーフティカーがコースに入っている時は、ピットストップできない特別ルール。ピットに入れば3分間のピットストップのペナルティとなる。この他には義務づけられているピットストップの回数は、通常の3回から7回に変更。

とにかく、追いかける状況の当チームだがミスは絶対に許されない。99%での戦いではチャンピオン争いには生き残れないし、101%の走りでミスっても終わってしまう。100%の完璧な状態で戦わないといけないのだ。これまでにない緊張した戦いだ。

7時58分、セーフティカーが抜け、スタートが切られる。スタートドライバーの小河は、まずまずのスタートを切るが2ラップ目には6番手、3ラップ目には7番手とポジションを落とす。 数ラップ後にはラップタイムで20秒近くも速いST-Xのマシンが迫ってくる。ラインを譲りつつラップしないといけない。トップ集団は当チームの予選タイムより速い58秒台で走っている。さすがに付いていけるような状況ではなかった。小河は8番手での走りに徹する。 40ラップ過ぎ、最初のピットストップ。高橋にスイッチする。ロスを最小限に抑えるためタイヤは交換しない。8番手のままコースに送り出すことができた。50ラップ過ぎ、ほとんどのチームのピットストップが終わったところで5番手にまで上がる。60ラップ過ぎ、58〜59秒台でラップするトップ2台との差は約90秒、4番手に付けるハチロクとの差は約43秒。厳しい戦いが続く。 70ラップ過ぎ、2回目のピットストップ。花里にスイッチ。6番手のポジションで淡々とラップを重ねていき、83ラップ過ぎ、3回目のピットストップ。再び、小河がステアリングを握る。7番手でラップを重ねていた90ラップ過ぎ、コースにオイルが出てコースアウトするマシンが数台したところ(スタートから約3時間強が経過した11時07分〜11時24分/93〜97ラップ)で、セーフティカーがレースをコントロールする。トップ4台が同一周回、5番手以降はラップ遅れとなる。ただ、6番手のロードスターとの差は詰まっている。 110ラップ過ぎには6番手まで戻す。135ラッップ、再び、花里がステアリングを握る。6番手のポジションをキープ。150ラップ、小河がマシンに乗り込むがタイヤは交換しない。なかなかポジションアップできないまま時間は過ぎていく。175ラップ過ぎ5番手に浮上。 199ラップすぎ、当チームは最後のピットストップに入る。高橋の追い上げにすべてを託す。86号車のハチロクと93号車のS2000トップ2台は依然として58秒台のバトルを繰り広げている。3番手には55号車のハチロク、40号車のロードスター、さらには当チームのハチロクが続く。ロードスターが後退する間に4番手に浮上。241ラップ過ぎ、55号車のハチロクがピットストップ。これで3番手に浮上する。263ラップ目、再度、55号車がピットに入り、ガス補給。その差は30秒強に広まるが、55号車は59秒台で迫ってくる。高橋もペースを上げて逃げる。

チェッカーまで40分を切る。3番手のポジション=表彰台をかけての熱いバトルが繰り広げられる。2015シーズン以来、続いている連続表彰台をここで切りたくはない。チェッカーまで残り10分。その差は20秒近くある。残り8分。トップ争いを繰り広げていたS2000がバースト。ピットに戻り再びレースには復帰するが4番手でラップを受けるにとどまった。

最終的に55号車の追撃から逃げ切り、当チームはクラス2番手でチェッカーを受けることに成功。これで連続表彰台は14に更新。ただ、86号車が優勝。この時点で2017シーズン ST-4のクラスチャンピオンは、86号車に決まってしまい、残念ながら当チームの連覇の夢も断たれてしまった。

まだ、今シーズン、クラス優勝していない当チームは、なんとか優勝を決めるべく最終戦の岡山に乗り込む。
ギャラリー
※画像はクリックすることで拡大できます。
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail
Thumbnail